第一級陸上特殊無線技士について

皆さんこんにちは。中川です。

本日は第一級陸上特殊無線技士(一陸特)に関してお話ししたいと思います。

一陸特は

空中線電力500W以下の多重無線設備で30MHz以上の周波数の電波を使用するものの技術操作

ができる資格です。

★どんな仕事ができるの?

簡単に申し上げますと

・携帯電話各社のネットワークセンターにて電波の発射や閉塞の実施
・登録点検

がメインとなるでしょう。

★受験資格や難易度は?

方法としては二つあります。

・国家試験合格
・養成課程を修了

前者は一般的な取得方法でしょう。陸上特殊無線技士の受験資格に年齢制限や必須資格など不要で誰でも受験できます。

一陸特は無線工学:120点満点中75点以上/法規:60点満点中40点以上

で合格です。両方基準点に届かないと合格できません。当然科目合格もありません。

ちなみに一陸特は無線工学の内容がかなり高度になるため合格率は30%程度と言われています。

★その他

・マークシートの択一式
・受験料は¥5300
・試験は6月、10月、2月の年3回

年3回もチャンスがあるので計画立てて学習することができますから合格するのも難しいこととは言えないと思います。

後者の取得方法ですが一般的ではありません。

・養成課程を修了するには一週間以上仕事を休まなければならない。

・結構な費用が掛かる(10万以上)

・一陸特の受講には、工業高等学校電気科又は電気通信科卒業以上の学歴もしくは同等以上の学力 を要する。

どうしても一陸特を取得したいんだ!という方はお金で資格を買う感覚で臨めばいいのでしょうが現実的ではありません。学歴も問われますし。となるとどうしても国家試験合格するほうが現実的なのです。

弊社では5人中3人が一陸特を所持しています。質の高いスタッフがいることがお分かりいただけると思います。

次はその一陸特の勉強方法について元塾講師(英語・国語)の中川がレクチャーしたいと思います。どうぞお楽しみに!

Pocket