第一種電気工事士試験に合格しました!

皆様ご機嫌いかがですか。中川です。
連続投稿です!
私事でありますが、第一種電気工事士試験に合格いたしました\(^o^)/

弊社の仕事の一つである携帯基地局工事なんですが、都会だと携帯基地局はビルの上に作られることがほとんどです。
これらの設備を動かすためには電気が必要であります。
ビルにはたいてい高圧受電設備(キュービクル)があり その低圧部分から電源を取得させていただいておりますが、実はこれ第二種電気工事士の資格ではできません。

認定電気工事従事者認定証
第一種電気工事士

でなければ作業できないのです。

ある人は言います。
「わざわざ一種取らなくても「認定」取ればいいじゃん?( ゚Д゚)」

おっしゃる通り「認定」を取得すれば作業できます。

自家用電気工作物において、最大電力500Kw未満の需要設備における600V以下で使用する設備の電気工事(簡易電気工事)は、 第一種電気工事士の資格がなくても認定電気工事従事者認定証の交付を受ければ作業できる。

上記のように規定されております。

しかーし!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
違うんですよねー(。-`ω-)

高圧受電設備を理解していないと誤って高圧受電設備に接触しけがをする可能性だってあります。
低圧部分の作業だけしかできないわけでしょう?
第一種電気工事士を取得することで新たな道が開けます。仕事の幅が広がりますし転職の可能性さえあるでしょう。

「わざわざ一種取らなくても「認定」取ればいいじゃん?( ゚Д゚)」

こういうフレーズをおっしゃる方は

≪木の上になっているブドウを見つけはしたが、高くて採れないのであのブドウは酸っぱいと負け惜しみを言っている狐≫

と同じです!
見てください!第一種電気工事士には合格証書が贈られるのです。二種にはありません(´;ω;`)
次回は第一種電気工事士の勉強法に関してお伝えしたいと思います。

Pocket